建設業許可という許可書の意味するもの

建設許可を申請して、大型受注のできる会社に

会社の発展を考えるなら、申請しておいて損はない

建設業許可という許可書の意味するもの

受注規模が500万円に近付いてきたら、必要になるのが建設業許可です。

(建設業許可情報のトリビアを知りたい方ココも是非→ http://www.johotrivia.com/)

今現在500万円の受注がなくても、将来を考えて申請するという企業も多いものです。

500万円以上の受注には、建設法で定められた許可書が必要になります。

現実的にはたくさんの業者の中から、選ばれるためには、建設業許可などの社会的信用が必要になるケースが多いですから、受注予算にかかわらず、申請しておく方がいいでしょう。

いったん申請が通り、許可書を取得してしまえば、大きな受注が来たときには、大手を振って仕事を受けることができます。

将来の会社の発展を考えると、やはり早めの申請が必要でしょう。

建設業許可の申請には、案件が複雑化していることもあり、大変そうだとしり込みする企業もあるといいますが、一度しっかり申請を申し込んでおけば、更新の際にも楽です。

代理申請を請け負ってくれる行政書士もいますから、効率の良い申請方法は工夫しだいで可能です。

将来も業界で仕事を受けていく覚悟があるなら、一度チャレンジしておくといいでしょう。

技術者を育て、会社の基礎を固め、建設業許可の申請をしながら、着実に業界での信頼を得ていけば、企業の将来性も見えてきます。